奥が深い

クンニといえば男性が女性の性器を舐める行為ですが、単純なようで奥が深いものです。
ここでは、初心者でも簡単に女性が感じるクンニの方法を説明します。
女性が慣れないうちはきちんとJC下着を脱がし、シャワーで局部を洗ってあげます。
自分の臭いが気になるという理由で、愛撫しても、感じるのに集中できない女性は多いものです。
男性も臭いが気になるのならシャワーを使った方がいいでしょう。
慣れてくると故意にシャワーを浴びさせずに、匂いがあった方が却って萌えるのですが、慣れないうちは洗う方が無難です。
ここでいきなり舐めるのも大いにありですが、やはり一番感じるところですので焦らすことから始めましょう。
女性をうつぶせにして、背中からお尻、太もも、ふくらはぎ、足のまでオイルを塗ってあげ、舌で丹念に舐めてあげます。
温かくて柔らかい舌の感触で女性は気持ちいいと感じるはずです。
しかし、局部はわざと外しましょう。
体中を舐められているのに局部にだけは舌が来てくれないことに女性はもどかしさを感じるはずです。
上から下に、下から上にと往復し、次には仰向けにしてあげます。
うつぶせから仰向けに換わるタイミングで、局部に感じやすくなる温感ローションを塗ってあげるのもテクニックの一つです。
局部の血行がよくなって下腹部にじんわりとした温かみを感じるとどんな女性も性欲が高まってきます。
首筋から、胸、お腹、さらに足に至るまで丁寧にオイルを塗ってあげ、やはり舌で愛撫します。
これくらい焦らしてあげると、局部は一切刺激していないのに、そうとう濡れて来ていることでしょう。
ここまで来たらクンニをしてあげる時期になります。
舐め方ですが、クリトリスを中心に一定のリズムで淡々と舐めてあげるのがコツになります。
この時に、お尻の穴を舐めたくなったり、膣内に指を突っ込んだりしたくなりますが、そこは我慢してクリトリスのみをひたすら舐めるのが良いでしょう。
吸ったり甘噛みしたりもしたくなりますけど、我慢して淡々と続けるのがポイントです。
このとき、女性は快感に集中しているので、余計なことをされるのを嫌がります。
「気持ちいい?」などと話しかけるのも遠慮してひたすら機械のように舐め続けるのがポイントです。
短くて10分、普通は30分くらい舐めますが、クリトリスが、はちきれんばかりに勃起してくるのが楽しめます。
男性にとってはひたすらのご奉仕になりますが、このような献身的な愛撫に女性はとりこになってくれるでしょう。

SEXは快楽を求めるだけではなく、最終目的は子孫繁栄です。いつしか女性も母性本能が目覚め母親へと成長していきます。

19世紀は経済の急速な発展と共にSEXの快感を求め、アダルトビデオの普及と共にクンニ等の技術も浸透しました。

SEXの延長線で妊娠し、10~20代での早熟な出産・結婚が多かったのですが、20世紀に入りデフレとなり貧困化が進みました。

男女差別の是正と共に女性も社会で活躍するようになり、出産・結婚も30~40代への晩成へと移行し、不妊症が増加傾向にあります。

不妊症を改善するために、排卵誘発剤のクロミッド(主成分クロミフェン)を服用するという、19世紀とは真逆の現象が起きています。

女子高生であるJC時代を性欲だけで終わらず、クンニ等のSEXテクニックを用いて20代での結婚・妊娠・出産へと成長していく世の中を求めたいと思います。