クンニの重要性

女性とセックスを行うときに、相手の性器に愛撫することは欠かせません。
自分だけが満足するようなセックスでは、女性は喜びませんし、自分自身も本当の意味で満足することができるでしょうか。
セックスの課程において、キスをする、愛撫をし合うということは、一般的な課程だと感じます。
お互い愛し合うことで、当然ながらセックスも盛り上がる物です。
愛撫の中でも、女性に対して喜んでもらえる物といえば、クンニです。
クンニの正式名称は、クンニリングス。
男性が、女性器のクリトリスや大陰唇、膣、小陰唇を、歯や舌を使って舐めてあげることです。
特に女性器の中でも敏感な部分である、クリトリスを舐めることで、相手の女性の方はかなりの確率でオーガズムに達することができます。
男性でいえば、射精する瞬間のような物です。
大抵の女性は、性器を舐められることで喜んでくれる物です。
やり方は当然ながら個人差があります。
クンニを行いながら、相手の膣の中に指を入れて、Gスポットと呼ばれる部分を刺激をしたり、舌の使い方も色々だと思います。
素早く動かすのが好きな女性もいれば、優しく動かしてあげることが好きな女性もいます。
クリトリスだけを刺激するよりも全体的に、相手の状態なんかを考えながら、動かしてあげるのもテクニックの一つです。
あくまで一般的な考えなのですので、女性によって個人差があります。
相手によって方法を変えることができるのは、素晴らしいテクニックだと感じます。
しかしながら、最近はAVの見過ぎで女性器の扱い方が下手な男性もいるのではないでしょうか。
下手というのは語弊があるかもしれません。
粗末、相手への思いやりに欠けてしまうことがあるのではないでしょうか。
本当に愛し合っている中なら、セックスは最も簡単で、最大限に愛情表現できる行為です。
潮を吹かせることがかっこいいなどと思っていると感じたり、無理矢理、膣の中を指でかき回すような行為は、相手の女性は痛がることになり、セックスすることにためらいがちになってしまいます。
性病に対する、問題もあり、相手の性器に口づけする事にためらう方がいるのなら、相手の女性に対して失礼だと感じます。
愛し合っている中でなければ、そういうことにためらうことも重々あると思いますが。
そして男性の中には、フェラチオはして貰いたくても、クンニはするのは嫌だと思う方もいるかと思いますが、女性サイドに立ってみると、同じ事が言えるのではないでしょうか。
相手のことを思いながらする、セックスはとても気持ちがいい物だと、私は思います。