観察

クンニというのは女性に快感を得てもらうために必要な前戯の一つだと言えます。
そのため、男性はぜひマスターしてほしいです。
しかし、いくらそればかりをやっていても女性への刺激は弱まっていきます。
同じことばかりでは駄目なのです。
毎回、変化を与えることが大切です。
そのため、道具を使ったクンニというのも一つの方法だと言えるでしょう。
たとえば、目隠しをして行う方法です。
もちろん目隠しをするのは女性に対してです。
人間の情報の70%は視覚から得ていると言われています。
その大半の情報をシャットアウトすることで、触覚が鋭敏に研ぎ澄まされるのです。
そうすることで前戯で刺激されているところをより集中して感じていきます。
さらに、視覚を奪われることで次に何が起こるか予測不能となります。
女性の想像力を掻き立たせることになり、今までに見たことのない反応をすることが多いです。
実際の刺激に加えて想像が加わることで、いつもの刺激でもより大きな快感を与えることができます。
他にもローターを使う方法もあります。
こちらはクンニと一緒に使うタイミングが難しい面もありますが、タイミングが合えばより大きな快感を与えることができます。
というのも、同時にやることで刺激が分散してしまうことがあるからです。
下手したらただ弄られているだけの行為となってしまいます。
舌と指の力加減とローターの振動に差をつけることが大切です。
どちらかを繊細な加減にすることでもう一方の刺激をより深く感じさせることができます。
これは最初から上手にできるものではありません。
女性によって感じ方が違うため、女性の反応を見ながら少しずつ学習したほうがいいでしょう。
観察こそが大切なのです。
クンニには正しい方法というものはありません。
スポーツで個人差があるように女性の感受性にも個人差があります。
そのため、女性の反応を見ながら、合わせていくことが大切です。
よく前の彼女にうまくいったことを今の彼女でもうまくいくと思ってプレイする人がいます。
でもそれは間違いなのです。
最初にセックスするときは一にも二にも女性を観察しながらプレイすることが大切です。
女性の癖や性感帯などを見極めた上で、どのようにクンニなどの前戯をするのか選択するのです。
そのとき、いろんな道具などを利用するといいでしょう。
男性の一人よがりの前戯にならないように心掛ければ、女性もきっと喜んでくれて、良い関係が長続きするはずです。