適当はダメ

セックスにおいて、前戯はとても重要なものです。
この時に、ゆっくりと時間をかけて、丁寧に行うことで、充分なスキンシップをはかることが出来ます。
男性には、理解しづらいかもしれませんが、前戯の時に、時間をかけて丁寧にすればするほど、女性の身体の緊張ばかりか、心もほぐれて来るのです。
ですから、ちょっと緊張していたり、ちょっと抵抗感を持っている女性も、うまく前戯をすることによって、気分が乗ってきて、積極的になってくれるという効果も得ることが出来ます。
前戯といっても、いろいろとありますが、クンニリングスは、出来ればはずさない方が良いでしょう。
実際に、どうであるかに関わらず、女性はクンニをされると、愛されていると感じることが多いようです。
そして、あなたに信頼感を持ち、安心して身体を預けてくれるようになります。
しかし、クンニをすれば女性が喜ぶといっても、ただ適当に、舐めていればいいというものではありません。
女性それぞれに、気持ち良いと感じるツボが違いますから、それを探っていき、反応を見ながら進めると良いでしょう。
ただ、女性のほとんどは、クリトリスへの愛撫が好きなはずです。
ですから、指だけでなく、舌でも存分に愛撫してみてください。
そして、女性の中にも、いわゆるクリトリスの包茎というものがあり、包皮が厚く、クリトリスがなかなか露出しないというタイプの女性もいます。
このような女性に対しては、それこそ、適当に、やみくもに舐めていても、気持ち良いと感じてもらうことが難しいでしょう。
では、どうすれば良いのか?ということですが、包皮を指でめくってあげて、中を露出させてから、そこを舐めてあげれば良いのです。
かんたんなことですから、手間を惜しまずに試してみてください。
これだけのことで、驚くほど女性の反応が違ってくるはずです。
またクンニは、女性器に対してまんべんなく行うことで、その女性独自の感じるツボを発見することが出来ます。
たとえば、膣の入り口周辺を舐められるのが好きだという女性もいますし、舌の先を膣の中に少し入れるようにしてもらうのが好き、という女性も居ます。
このように、クンニといっても、いろいろとやることがあるのです。
ですから、前戯の一部として、適当に流すような感じではなく、目の前の女性の一番大切な部分を今、自分に預けてくれているんだ、ということに喜びを持って、女性を快楽へと導いてあげましょう。