クンニは必須行為

性的快感の感じ方は男性と女性では異なる事から、男性は性的興奮をすると勃起したペニスをヴァギナに挿入してピストン運動をして直ぐにでも射精したいと考えますが、女性は性的快感を感じる迄に男性に比較すると時間がかかります。
ですからペニスをヴァギナに挿入する前に前戯として、パートナーである女性に十分な性的快感を得られる準備をしておくために、クンニリングス(cunnilingus)をしておく事が効果的です。
クンニリングスとは女性のクリトリスを中心にその周辺を、舌を様々な形にして舐めたりして性的な興奮の度合いを高める事を指します。
クンニリングスを行う場合に大切なのは、パートナーにエクスタシーを感じさせるという重要な役目がありますが、優しくソフトに行う事が何よりも大切です。
クリトリスの様な敏感な部分は非常に性的快感を得やすい性質がある反面、痛み等にも敏感に反応しやすい性質があり、それまで性的興奮が高まっていても強引にクリトリスを覆っている皮を剥いたりすると女性によっては激痛を感じ、今までの快感は一瞬にして消えてしまう可能性があります。
付き合ってから間も無い場合であれば、それが嫌われ別れる事の兆しとなっても納得の行く所です。
クンニリングスを行う際の教科書的な事は決まっている訳ではありませんが、重要なのはパートナーが感じているか、満足しているかという事に尽きます。
女性は雰囲気というものを非常に重視しますから、いきなりパートナーに股を開かせて、という様な行為は慎みましょう。
オススメとしては行為を行う場所の照明を落とし目にして、フルーティーな香水で部屋を満たして置く事をオススメします。
そしてキスから首筋や喉の辺りや胸等を優しく愛撫しながら、クリトリス近辺まで時間をかけて周りから攻めていくのです。
ここでクリトリス近辺に愛撫が行くとパートナーに思わせて、今度は腰の辺りを愛撫しながらお尻の割れ目の始まる辺りを舌先をつぼめて舐めて行きます。
この時肝心なのは舌を少し離しつつも離さず、また舌先を付けて舐めるという行為を何回か繰り返し、パートナーの性的快感を焦らしつつも煽っていく事です。
次にふとももをクリトリスに向かって舐めて行き、大陰唇や小陰唇を舌で舐めながら、まずクリトリスを覆っている皮をあえて剥かずに上から優しく舐めたり唇をすぼめて啜ったりします。
ソフトにソフトに皮を徐々に剥いて舐めて、また少し開いて舐めてという風に繰り返して行くとパートナーは、安心して男性側に身を任す事が出来るでしょう。
クリトリスが顔を出したら舌先を上手に利用して優しく舐めて行き、パートナーの反応を見ながら様々な舌の動きで攻めまくります。
そして最後にヴァギナ辺りに舌先で舐め回して行き、ヴァギナが濡れてグチョグチョになるくらい迄また、クリトリスを攻めるというのを繰り返すと良いでしょう。